翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

エルサレムで古代ギリシャの城塞を発掘

「神殿の丘」のふもとでヘレニズム文化の影響を受けた城塞跡が見つかる


  

イスラエルのエルサレムで古代ギリシャ時代の城塞遺跡が発掘された。(Photograph by Xinhua, JINI, Xinhua Press, Corbis)


イスラエルの考古学者らは、エルサレム旧市街の中心部で2000年以上前に古代ギリシャ人が築いた堂々たる城塞跡を発掘した。この遺構は、ヘレニズム文化が古代エルサレムの街を支配していた時代についての初めての物証となる。


これまでは文献でしか知られていなかったが、城塞は、ギリシャ人支配からその追放へと発展する血なまぐさい反乱の中心地だった。ユダヤ教徒は今でもその出来事をハヌカ祭として祝っている。(参考記事:「聖地の門」


「今回、ここがアクラと呼ばれる城塞の一部であることを示す、大きな証拠が得られました」と語るのは、イスラエル考古学庁の考古学者で発掘の責任者であるドロン?ベン=アミ氏だ。


発掘現場は、北は神殿の丘、南はパレスチナのシルワン地区の間にある。長年、駐車場として使われてきたが、今は大きな四角い窪みが通りから建物3階分以上の深さまで掘り下げられている。ベン=アミ氏は岩から岩に飛び移りながら、出土したばかりの遺構について熱心に説明してくれた。


 

巨石や岩は、城塞を特定する手がかりとなる。遺跡は、後の古代ローマ時代の住居やビザンチン帝国時代の果樹園で隠れていて、ごく最近までは駐車場だった。(Photograph by Xinhua, JINI, Xinhua Press, Corbis)


紀元前4世紀、ユダヤ地方はアレクサンドロス大王に征服され、その後、支配した土地をめぐって大王の後継者たちが争った。ユダヤ地方の首都エルサレムは、セレウコス朝アンティオコス3世の側につき、駐留しているエジプト軍を追放すると、それに感謝したアンティオコス3世はユダヤ教徒の自治を認めた。1世紀半にわたり、ギリシャの文化と言語がこの地で隆盛となった。こうした経緯はあるものの、この重要な時代の遺物や遺構は、これまでほとんど見つかっていなかった。(参考記事:「イスラエルの墓地から多神教の祭壇出土」


ユダヤの伝統とヘレニズムの影響を受けた文化の間の摩擦が大きくなってくると、紀元前167年にユダヤ人が武器を取って反乱を起こした。この反乱が鎮圧されると、アンティオコス4世エピファネスはエルサレムを破壊、伝統的なユダヤ教の祭儀を禁止し、神殿にギリシャの神々の像を祀った。


この反乱のすぐ後に書かれた旧約聖書外典『マカバイ記1』のユダヤ人作者によると、セレウコス朝は「大きく堅固な壁、堅固な塔のあるダビデの町」に巨大な砦を築いたという。古代ギリシャ人はこの城塞を「アクラ」と呼んだ。ギリシャの支配を快く思わないユダヤ人から見ると、目の上のこぶだった。


紀元前164年、ユダ?マカバイ率いるユダヤ人反乱部隊はエルサレムを奪取し、神殿を解放した。これを記念するのがハヌカ祭である。だが、このときアクラの制圧はかなわなかった。20年以上にわたり、この城塞を陥落させようと反乱を起こすが、失敗続きだった。紀元前141年になってようやく、シモン?マカバイは城塞を陥落させ、ギリシャ人の残党を追放した。


神殿の頭上にそびえていた?


その後に起きたことについては、二つの異なる説明があり、考古学者を悩ませてきた。


紀元1世紀に帝政ローマに仕えたユダヤ人歴史家、フラフィウス?ヨセフスによると、シモン?マカバイは3年がかりでアクラを破壊し、二度と神殿の頭上に塔がそびえることのないようにした。神殿は「ダビデの町」の北にあり、古代のエルサレムの城壁よりも100フィート(約30メートル)以上高くそびえていたという。


ところが、『マカバイ記1』の作者は、シモン?マカバイは城塞を増強し、そこに自分の住まいまで作ったと記している。この食い違いによって、過去1世紀の間にさまざまな仮説が立てられたが、考古学的な確証はなかった。


イル?ダビド基金というイスラエルの組織が駐車場に博物館を建てる計画を発表すると、2007年、ベン=アミ氏が発掘調査に乗り出した。


 

古代ギリシャ時代の城塞のそばで、古代ローマ時代の邸宅が発掘された。城塞が破壊された後、ここは居住区域になっていた。(Photograph by Xinhua, JINI, Xinhua Press, Corbis)


ベン=アミ氏のチームが発掘を進めると、古代ローマ時代の邸宅の下からビザンツ時代の果樹園や7世紀の硬貨264枚が見つかった。さらに紀元1世紀よりも古い層から、ユダヤ教徒が沐浴した跡が出てきた。紀元前数世紀の焼き物や硬貨が見つかった建物の下からは、乱雑に積み重なった石積みらしきものが発見された。(参考記事:「古代イスラエル 消えた王国」


やがてその石積みは、巨大な城壁から伸びる勾配の緩い防御壁であることが明らかになる。「石は何層にも重なっていて、傾きは下の方で15度、上で30度です」と、ベン=アミ氏は説明した。「これは崩壊した建物ではありません。意図的にここに置かれているのです」


発掘チームは、ユダヤ人がギリシャ支配に反乱した時代の硬貨も発見した。「古代ギリシャの矢じりや、投石器、投弾もあります」とベン=アミ氏。「それから、輸入ワインのアンフォラ(左右に持ち手のついた陶製の首長の壺)も見つかりました」。律法に厳格なユダヤ教徒は地元産のワインしか飲まなかったので、その容器から外国人、もしくは非ユダヤ教徒の暮らしぶりに感化された人がいたことがわかる。


 

古代ギリシャ時代の城塞付近で見つかった投弾と矢じり。(Photograph by Xinhua, JINI, Xinhua Press, Corbis)


ベン=アミ氏によると、古代の歴史家ヨセフスが記したような、城塞が突然破壊された痕跡や、丘全体が平坦にならされた痕跡はまるでない。むしろ後を継いだユダヤ人王朝であるハスモン朝のほうが、後年の建築中に防御壁を取り崩している。


今も紛争のただ中に


この発見で、アクラが神殿の北にあるという説や、神殿に隣接しているという説、あるいは現在の市壁に囲われた旧市街の西側の高台にあるという説はすっかりなりを潜めた。今回の発見をだれより喜んだのは、テルアビブ大学の歴史学の名誉教授、ベザレル?バル=コクバ氏だ。同氏は1980年に、城塞はまさにベン=アミ氏が発掘している場所(「神殿の丘」から数百メートル南で「ダビデの町」の中心)で見つかると指摘する論文を発表していた。テルアビブ大学の考古学者、オレン?タル氏は、発掘には加わっていないが、ベン=アミ氏の発見はアクラの場所としては「最も可能性が高い」と言う。


イスラエルの考古学者、ヨナサン?ミズラキ氏は、エメク?シャベフという共同研究組織の責任者で、遺跡にダメージがおよぶとして博物館の建設に反対している。昨年6月、イスラエルの計画委員会はイル?ダビド基金に、施設の規模縮小を命じた。ミズラキ氏は、大半がパレスチナ人の地元住人が情報を知らされておらず、発掘に参加もせず、ほとんど文字どおりに蚊帳の外に置かれていることにも苦言を呈している。イル?ダビド基金は、シルワン地区をはじめとする占領地域へのユダヤ人の移住を支援していると指摘する。(参考記事:「紛争に揺れるエルサレムの聖書動物園」

 


【原译文】

在耶路撒冷考古挖掘出古希腊城塞

——“圣殿山”山脚下发现受希腊文化影响的城塞遗迹


以色列的耶路撒冷发现古希腊时代的城塞遗迹。(图:新华社,JINI,新华出版社,Corbis)


以色列考古学家在位于耶路撒冷旧城区的市中心发掘出2000多年前的古希腊人建造的宏伟城塞。此遗迹第一次支持了古耶路撒冷的街道建设深受古希腊文化影响的假设。


之前我们只能在相关文献中得知,阿克拉城塞是由一群被从希腊人统治地区放逐后的犹太人建造而成、充满血腥味的叛乱中心。直至今日,犹太教徒还庆祝这场叛乱,并称之为“献殿节”。(参考文章:《圣地之门》)


以色列考古局的考古学家、遗迹挖掘人杜龙·便雅悯表示:“可以说我们掌握了极为重要的证据,证明这里是被称为阿克拉城塞的一部分。”


挖掘现场位于圣殿山南面、巴勒斯坦西卢湾地区北面。曾经一直被当作停车场使用,现在此处已经从一个四边形的低洼地块,挖掘成了距离地面深度达三层楼以上的古迹。便雅悯一边在石头上跳来跳去,一边热情地介绍刚出土的古迹。


一块块巨大的岩石,成为支持城塞存在的决定性证据。遗迹隐藏在后来古罗马帝国时代建造的果树园中,而最近竟成了停车场。(图:新华社,JINI,新华出版社,Corbis)


公元前4世纪,犹大地区被亚历山大大帝征服。之后,亚历山大大帝的继承者们围绕着占领区展开了斗争。当犹太教徒把塞琉古王朝统治者安条克三世的心腹大患——驻扎于本国的埃及军队驱逐出境后,安条克三世为表示感谢,承认了犹大地区的省会城市耶路撒冷的自治权。经过一个半世纪的熏陶,耶路撒冷渐渐被希腊化,当地十分流行希腊文化和希腊语。虽然耶路撒冷曾遭此一劫,但迄今为止还是几乎没有发现过关于那个关键时期的任何文物古迹。(参考文章:《从以色列墓地中发现了多神教祭坛》)


当犹大传统和希腊文化之间的摩擦越来越多,犹太人终于在公元前167年拿起了武器,于是犹大地区爆发了民众起义。在起义被镇压之后,安条克四世皮法尼斯摧毁了耶路撒冷。同时他还下令禁止犹太教徒举行传统犹太教的宗教仪式,并下令朝拜安放在圣殿中的希腊诸神像。


此次起义立刻被记载在了圣经·旧约中的次经《马加比书一书》上。根据此书的犹太人作者的说法,塞琉古王朝“在拥有巨大坚固的城墙、稳固塔楼的大卫之城中”修筑了巨大的城塞。古希腊人称这座城塞为“阿克拉”。在对希腊人统治十分抵触的犹太人看来,阿克拉简直成了眼中钉。


公元前164年,犹大·马加比率领的犹大起义部队夺取了耶路撒冷,解放了圣殿。为了纪念成功夺回圣殿,犹太人开始庆祝献殿节。但此时阿克拉的控制权却仍然掌握在安条克手中。经过20年的努力,犹太人屡次三番地进攻阿克拉,但却遭到了接二连三的失败。公元前141年,犹太人终于在西门·马加比的领导下攻克了阿克拉城塞,并驱逐了希腊残党。


高耸于圣殿之上?


关于之后发生的事情,历史文献给了我们两个截然不同的版本,这使得考古学家们一头雾水。


根据公元1世纪于罗马帝国政府供职的犹太历史学家约瑟夫的记载,西门·马加比经过3年的反抗才攻克了阿克拉城塞。他削减了城塞中的高塔高度,使之再次低于圣殿。据传说,圣殿位于“大卫之城”的北面,比古耶路撒冷的城墙还要高100步(约30米)。


但根据《马加比一书》的作者记载,西门·马加比修缮了阿克拉城塞,甚至还在城塞中建造了自己的居所。虽然在过去一个世纪中,学界对于这两种南辕北辙的说法提出了许许多多假说,但都没有得到考古学上的有力证据。


一个名为“大卫·伊尔基金”的以色列组织发表计划,打算在停车场建造博物馆。2007年开始,便雅悯团队开始对其进行考古调查。


在古希腊时代的城塞周围发现了古罗马时代的宅院。城塞被毁坏后,这里便成了民众居住区。(图:新华社,JINI,新华出版社,Corbis)


随着进一步发掘,便雅悯团队在古罗马宅院的下面又发现了拜占庭时代的果树园和7世纪铸造的264枚硬币。更让人兴奋的是,他们发现了犹太教徒在公元1世纪甚至更久之前的沐浴踪迹。这些由石头堆砌起来的东西,散落在埋藏着公元前数个世纪的陶瓷和硬币的建筑物底下的乱石堆中。(参考文章:《古以色列——一个消失的王国》)


不仅如此,便雅悯团队还发现了在希腊统治下的犹太人起义时所用的硬币。便雅悯表示:“还有古希腊人使用的弓箭头、投石机和投掷的弹丸。而且我们发现了盛放进口葡萄酒用的土罐(站立在首长左右两边的侍卫所持的陶制首长专用壶)。”犹太教徒严格遵守律法,葡萄酒除了本地所产之外一概不喝。从此土罐推测,他们当中寄居着被他们的生活所感化的外国人或非犹太教徒。


古希腊城塞附近挖掘出土的投掷弹丸和箭头。(图:新华社,JINI,新华出版社,Corbis)


便雅悯表示,根本找不到古代历史学家约瑟夫所记载的“城塞突然被毁坏”及“整座圣殿山被夷为平地”的痕迹。与其相信约瑟夫,倒不如说在其后的岁月中,继承者犹太人哈斯摩王朝自行拆毁了城市中用于防御部分的城墙。


至今仍身处纷争中


此发现,既为“阿克拉在圣殿的北面”的假说提供了可能性,同样也为“阿克拉紧连着圣殿”的假说或者“阿克拉在被现在的耶路撒冷城墙包围的旧市区的西侧高地上”的假说提供了可能。特拉维夫大学的历史学名誉教授比撒列·巴尔克库巴对此次发现尤为兴奋。巴尔克库巴教授早在1980年就发表了论文,指出便雅悯在挖掘现场(“圣殿山”往南数百米“大卫之城”的中心)发现了阿克拉城塞。特拉维夫大学考古学家奥伦·特鲁表示,虽然还有待深入挖掘,但便雅悯团队所发现的古迹为阿克拉城塞的可能性“最高”。


作为一个名为艾梅克·谢贝夫的共同研究组织的负责人,以色列考古学家约拿逊·米兹拉基以建设博物馆会给遗迹带来不可挽回的破坏而反对此计划。去年6月以色列计划委员会对大卫·伊尔基金下达了命令,要求其缩小建筑规模。米兹拉基苦口婆心地劝说当局,他表示超过一半的巴勒斯坦当地人既没有被告知关于考古挖掘的消息,也没有参加考古挖掘,如同“活生生的局外人”。大卫·伊尔基金表示,他们将会支持犹太人逐步移居至以西卢湾地区为首的占领区。(参考文章:《在纷争中摇摆的以色列圣经动物园》)



【校对后译文】


在耶路撒冷发现古希腊城堡
——“圣殿山”山脚下发现受希腊文化影响的城堡遗迹

?
在以色列耶路撒冷发现的古希腊时代的城堡遗迹。(图:新华社,JINI,新华出版社,Corbis)

以色列考古学家在位于耶路撒冷旧城区的市中心发现了一座2000多年前由古希腊人建造的宏伟城堡。此遗迹首次支持了古耶路撒冷的街道建设深受古希腊文化影响的假设。

之前我们只能在相关文献中得知,阿克拉城堡是由一群被从希腊人统治地区放逐后的犹太人建造而成,是一个充满血腥味的叛乱中心。直至今日,犹太教徒仍在庆祝这场叛乱,并称之为“献殿节”。(参考文章:《圣地之门》)

以色列考古局的考古学家、遗迹挖掘人杜龙?便雅悯表示:“可以说我们掌握了极为重要的证据,证明这里是被称为阿克拉城堡的一部分。”

挖掘现场位于北面圣殿山与南面巴勒斯坦西卢湾地区之间。曾经一直被当作停车场使用,现在此处已经从一个四边形的低洼地块,挖掘成了距离地面深度达三层楼以上的古迹。便雅悯一边在岩石间跳来跳去,一边热情地介绍刚出土的古迹。

?
一块块巨大的岩石,成为支持城塞存在的决定性证据。遗迹隐藏在后古罗马帝国时代建造的果树园中,直至最近成为了停车场。(图:新华社,JINI,新华出版社,Corbis)

公元前4世纪,犹太地区被亚历山大大帝征服。之后,亚历山大大帝的继承者们围绕着占领区展开了斗争。当犹太教徒把塞琉古王朝统治者安条克三世的心腹大患——驻扎于本国的埃及军队驱逐出境后,安条克三世为表示感谢,承认了犹太地区的省会城市耶路撒冷的自治权。经过一个半世纪的熏陶,耶路撒冷渐渐被希腊化,当地十分流行希腊文化和希腊语。虽然耶路撒冷曾遭此一劫,但迄今为止还是几乎没有发现过关于那个关键时期的任何文物古迹。(参考文章:《从以色列墓地中发现了多神教祭坛》)

当犹太传统和希腊文化之间的摩擦越来越多,犹太人终于在公元前167年拿起了武器,于是犹太地区爆发了民众起义。在起义被镇压之后,安条克四世皮法尼斯摧毁了耶路撒冷。同时他还下令禁止犹太教徒举行传统犹太教的宗教仪式,并下令朝拜安放在圣殿中的希腊诸神像。

不久之后,此次起义被记载在了圣经?旧约中的次经《马加比书一书》上。根据此书的犹太人作者的说法,塞琉古王朝“在拥有巨大坚固的城墙、稳固塔楼的大卫之城中”修筑了巨大的城堡。古希腊人称这座城堡为“阿克拉”。在对希腊人统治十分抵触的犹太人看来,阿克拉简直成了眼中钉。

公元前164年,犹大?马加比率领的犹太人起义部队夺取了耶路撒冷,解放了圣殿。为了纪念成功夺回圣殿,犹太人开始庆祝献殿节。但此时阿克拉的控制权却仍然掌握在安条克手中。20多年间,犹太人曾多次进攻阿克拉,但却遭到了接二连三的失败。公元前141年,犹太人终于在西门?马加比的领导下攻克了阿克拉城堡,并驱逐了希腊残党。

高耸于圣殿之上?

关于之后发生的事情,历史文献给了我们两个截然不同的版本,这使得考古学家们一头雾水。

根据公元1世纪于罗马帝国政府供职的犹太历史学家约瑟夫的记载,西门?马加比经过3年的反抗才攻克了阿克拉城塞。他削减了城堡中的高塔高度,使之再次低于圣殿。据传说,圣殿位于“大卫之城”的北面,比古耶路撒冷的城墙还要高100英尺(约30米)。

但根据《马加比一书》的作者记载,西门?马加比修缮了阿克拉城堡,甚至还在城堡中建造了自己的居所。虽然在过去一个世纪中,学界对于这两种南辕北辙的说法提出了许许多多假说,但都没有得到考古学上的有力证据。

一个名为“大卫?伊尔基金”的以色列组织发表计划称,将在停车场建造博物馆。2007年开始,便雅悯团队开始对其进行考古调查。

?
在古希腊时代的城堡周围发现了古罗马时代的宅院。城堡被毁坏后,这里便成了民众居住区。(图:新华社,JINI,新华出版社,Corbis)

随着进一步发掘,便雅悯团队在古罗马宅院的下面又发现了拜占庭时代的果树园和7世纪铸造的264枚硬币。更让人兴奋的是,他们发现了犹太教徒在公元1世纪甚至更久之前的沐浴踪迹。这些石彻体,散落在埋藏着公元前数个世纪的陶瓷和硬币的建筑物底下的乱石堆中。(参考文章:《古以色列——一个消失的王国》)

很快,这些石彻体被证实是由巨大的城堡延伸出来且坡度较缓的防御用城墙。便雅悯解释称,石彻体由多层石头堆砌而成,下方倾斜度15度,上方倾斜度达到30度。这些并不是倒塌的建筑物,而是有意放置在此的。

不仅如此,便雅悯团队还发现了在希腊统治下的犹太人起义时所用的硬币。便雅悯表示:“还有古希腊人使用的弓箭头、投石机和投掷的弹丸。而且我们发现了盛放进口葡萄酒用的土罐(左右带有把手的陶制首长专用壶)。”犹太教徒严格遵守律法,葡萄酒除了本地所产之外一概不喝。从此土罐推测,他们当中寄居着被他们的生活所感化的外国人或非犹太教徒。

?
在古希时代的腊城堡附近发现的投掷弹丸和箭头。(图:新华社,JINI,新华出版社,Corbis)

便雅悯表示,根本找不到古代历史学家约瑟夫所记载的“城堡突然被毁坏”及“整座圣殿山被夷为平地”的痕迹。与其相信约瑟夫,倒不如说在其后的岁月中,继承者犹太人哈斯摩王朝自行拆毁了城市中用于防御部分的城墙。

至今仍纷争不断

此发现,既为“阿克拉位于圣殿北面”的假说提供了可能性,同样也为“阿克拉紧连着圣殿”的假说或者“阿克拉在被现在的耶路撒冷城墙包围的旧市区西侧的高地上”的假说提供了可能。特拉维夫大学的历史学名誉教授比撒列?巴尔克库巴对此次发现尤为兴奋。巴尔克库巴教授早在1980年就发表了论文,指出便雅悯在挖掘现场(“圣殿山”往南数百米“大卫之城”的中心)发现了阿克拉城堡。特拉维夫大学考古学家奥伦?特鲁表示,虽然还有待深入挖掘,但便雅悯团队所发现的古迹为阿克拉城堡的可能性“非常高”。

作为一个名为艾梅克?谢贝夫的共同研究组织的负责人,以色列考古学家约拿逊?米兹拉基以会给遗迹带来不可挽回的破坏而反对建设博物馆的计划。去年6月以色列计划委员会对大卫?伊尔基金下达了命令,要求其缩小建筑规模。米兹拉基苦口婆心地劝说当局,他表示超过一半的巴勒斯坦当地人既没有被告知关于考古挖掘的消息,也没有参加考古挖掘,如同“活生生的局外人”。大卫?伊尔基金表示,他们将会支持犹太人逐步移居至以西卢湾地区为主的占领区。(参考文章:《在纷争中摇摆的以色列圣经动物园》)


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583