翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 刘婷 推荐于 2015-07-08 10:00
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:社会
此原文由 社会万華鏡 推荐
デートの連絡を取る手段、つまり通信技術は年々進化している。最近も進化のスピードは衰えず、携帯の通信速度も「3G」から「LTE」になり、さらに「PREMIUM 4G」になるなど、より確実にストレスを感じることなく連絡を取ることができるようになっている。

今回は、そんな通信技術の進化を原始時代から見てみたいと思う。それによっていかに現代の通信技術が素晴らしいかが分かるのではないだろうか。


sasikae1
sasikae 2

例えばこの、原始時代。スマートフォンどころか電話すら無い時代だ。
ではこの頃のデートの待ち合わせはどのように行ったのだろうか?





当時、離れた相手への通信手段は「狼煙(のろし)」だった。木の葉や枝を燃やし煙を発生させる。その煙により、愛する人にデートの日時などを伝えたのだ。今で言うスマートフォンが狼煙だったわけだ。



狼煙をあげる事で集合場所を相手に伝え、集合する。この時代のデートの一般的な待ち合わせ方法だ。



狼煙で連絡がつけば、マンモスでドライブデート。
マンモスは今で言えば高級車だ。もしも彼がもっと小さい動物で迎えに来れば「彼氏が自転車で迎えに来た」的な事を、洞窟の中でたき火を囲んだ女子会で言うに違いない。今も昔も女性の目は厳しいのだ。



デートにでかければ一緒に食事もする。この頃はお店がないので、お弁当がわりに自分たちで肉を焼くのだ。河川敷でのバーベキューに近いのではないだろうか。「リア充は肉を焼くのが好き」というのは今も昔も変わらない。

このように一見順調に見える原始人のデートだが、ひとつだけ大きな問題がある。



そう。雨が降ってしまうと唯一の通信手段である「狼煙」が使えないのだ。

「恋人と連絡が取れない」というのは今でもカップルのトラブルとして良く挙げられるが、それは原始時代でも変わらない。梅雨入りしようものなら雨が何日も続いて狼煙が使えず、連絡が途絶えてしまう。



雨で狼煙があがらない???



狼煙があがらないので、彼女は待ち合わせ場所も時間も分からない。大好きな彼氏から連絡が来ないのは女性にとって辛いこと。これが原因で別れた原始人は数知れずである。たぶん。




もしもスマートフォンがこの時代にあれば、このようなスレ違いは生まれなかっただろう。少し離れた場所にマンモス狩りに行っても、彼女と連絡を取ることができる。




ちなみに写真の、原始人彼氏が使っているスマートフォンはNTTドコモの2015年夏モデル「XPERIA Z4 SO-03G」だ。

雨が降った事により狼煙は使えなくなったが、「XPERIA Z4」は防水仕様※1なので雨の中でも問題なく使える。
※1 防水性能IPX5/IPX8、防塵性能IP6Xに対応。

「LTE」より速い「PREMIUM 4G」に対応しているのも魅力だ。




さて、今度は原始時代から時間を進めて江戸時代を見てみよう。



江戸時代のカップルである。奥ゆかしさが存分にある時代であり、この武家の二人は好き合ってはいるものの、まだ手すらつなげずにいる。夫婦になりたいとお互いが思っているが、直接は「好き」と言えない。そのような時代だったのだ。



彼女に好きと直接伝えることができない理由はもう一つある。彼女の父親の問題だ。先も二人でいるところを怖い目で睨みつけていた。いつの時代も娘の父は怖い。



今ならばスマートフォンがあるので、そちらに電話をかければいいわけだが、この時代ではそうも行かない。父親の存在が問題だ。どうすれば彼女に連絡できるのか?



そこで彼は恋文を書くことにした。この時代の一般的な告白の方法だ。彼女への想いをしたため、矢の先に括り付けて送るのだ。つまり、「矢文」である。矢文はこの時代を代表する通信手段だ。





いきなり矢が部屋の中に飛び込んで来るので驚きもするが、モテる女性はなれっこであり、壁に空いた穴の数が女子力の高さを示していた。この時代のアイドルの家の壁は、蜂の巣以上の穴が空いていたかもしれない。





上記は矢文の成功パターンである。今と違い連絡先を登録するようなシステムはないので、毎回、自ら矢文を放つ必要があり、時には間違った場所に打つこともあった。



彼女への思いを綴った矢文が彼女のお父さんに届くこともあったのだ。モテる娘を持つ父ほど、矢文を受け取って投げ返す技術に長けていた。

現代にも「ARROWS」という日本語で「弓矢」という意味になるスマートフォンがあるが、この時代にスマートフォンがあったならば、もっとスマートな矢文を送ることができただろう。



ちなみにこちらがNTTドコモの2015年夏モデル「ARROWS NX F-04G」だ。

このスマートフォンも最新の通信技術「PREMIUM 4G」に対応している。複数の周波数帯を束ねて通信速度を向上させる技術によって、人が多い場所でも安定して高速で繋がる。



そして「ARROWS」はIris Passport(アイリス パスポート)という、瞳の虹彩(こうさい)で認証するシステムを搭載している。もし江戸時代にこの技術があったら、矢文の内容を父親に勝手にみられる事も無かったはずだ。





明治時代
時代はさらに現代に近づく。明治時代。この時代の恋人たちの愛する二人の連絡手段はどのようなものだったのだろうか。明治時代には一部の施設だけに次のような電話が開設されていたが、家庭用の電話はまだ普及していない。



電話をできる人は非常に限られており、恋人両方が電話を持ち、話せるなんてことは夢物語だった。

そんな彼女に思いをよせる男性がいる。彼は彼女に愛を伝えたいけれど電話がない。直接彼女の目の前で伝える必要がある。しかし、彼は恥ずかしがり屋だ。メールやSNSがない時代は今よりも告白に勇気が必要だった。



恥ずかしがり屋で直接思いを伝えることができない彼は、水兵なので手旗信号で彼女に「アイシテル」と伝えた。ブレーキランプ5回の点滅はアイシテルのサイン、みたいなことだ。



彼はバッチリ決まったつもりでいる。




問題は誰もが手旗信号を読み取れるわけではないという点だ。彼女は「こいつなにやってんだ?」という表情を浮かべている。このようなサインは知っている者同士ならば伝わるし、なんとなくカッコよくも感じるけれど、知らなければ、庭先で旗を振っているただの変な人だ。




もしもこの時代にスマートフォンがあれば、かわいい彼女があんな険しい表情をしなくても済んだだろう。メールでもSNSでも告白することができる。いかに最新の連絡手段が素晴らしいかが分かったのではないだろうか。


昭和時代
時代はさらに進み昭和。このくらいの時代からは知っているものが多く登場するのではないだろうか。テレビや冷蔵庫、洗濯機が三種の神器と言われた時代だ。







それでもまだうちわを良く使っていたこの頃。時間はゆっくりと流れていた。




ダイヤル式の黒電話がこの時代の連絡手段。麦茶を飲みながら、そうめんやコロッケを食べ、テレビで野球観戦。この時代を代表する風景だ。当時の恋愛問題にも電話は大きな影響がある。





だいたいの家庭には電話があったけれど、電話に出るのは必ずしも彼女とは限らなかった。親が出ることが普通だったのだ。娘宛に若い男性から電話がかかってくれば、当然、父親は烈火の如く怒鳴った。ウチの娘に何の用だ、と。



その怒鳴り声を聞いた娘が、電話に気がつきやってくるが、なかなか父親は電話を渡さない。家族内での争いが起こるのだ。これも当時の代表的な風景。父はこの電話争奪戦に勝つために、体を鍛えたそうだ。 

本文已经有人翻译了

翻译版本

“约会的历史”联络手段的进化-前篇 翻译时间:2016-05-26 09:47
译者:潘琳 | 译文语言:中文  | 所属分类:科学  | 审核状态:已审核 
 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计